リフォームローンのシュミレーションのメリットやデメリットとは?

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を選んで、見積もりを取ってもらうといった作業も必要になります。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとして【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベが販売されています。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないのでとても手軽に利用することが出来るローンです。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融機関のHPで試算することができます。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録する必要は一切ないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は難解ですから便利な機能をありがたく使っていきましょう!リフォームローンで受けられる控除は所得税ですね。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

現実的な返済額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い利率では1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローン金利比較を行う際は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や審査時間など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

親切なサイトでは金融機関のリンクが貼られていますのでわざわざ検索する手間が省けます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、保証人や担保についても良く考える必要があるでしょう。

また、団信の加入可否についてや手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資可能金額は50万円以上1
000万円以内となっており、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.